iPhone、Androidのそれぞれの魅力を解説します。

iPhoneの魅力


日本ではiPhoneが人気です。世界シェアから言えばAndroid端末のスマートフォンが主流であるのに対し、iPhoneは2008年にiPhone 3Gが発売となってからトップシェアを不動のものにしています。

では、何故iPhoneが人気を獲得することが出来たのでしょうか。それはシンプルな使いやすさです。タッチスクリーンと全画面ディスプレイは、iPhoneの起こした革命と言えるデザイン性です。そのため、スマートフォンに慣れ親しんでいなかった日本人はiPhoneに真っ先に飛び付きました。さらにAppStoreが開設されたことによって、自由にアプリをカスタマイズ出来る様になったのも大きいです。人気通話アプリなどの流通もAppStoreが大きく影響しています。

また、iPhoneの人気は「周りが使っているから」という流行に流されやすい日本人の特性も大きく反映しています。スタイリッシュで革新的だったiPhoneのデザイン性は、寧ろ現代においては「スタンダード」として受け入れられています。また、初めてスマートフォンとしてもiPhoneが選ばれているということも大きな要因として挙げられるでしょう。簡単操作が売りのスマートフォンもありますが、それよりも周りが使っているiPhoneの方が操作をレクチャーしてもらえるため、コミュニケーションツールとしても重宝されているのです。